数字でわかる因果応報

数字でわかる因果応報

ずいぶん昔のことですが、あるとき仕事で新横浜の駅まで行きました。

行きに、駅で切符を買ったのですが、釣り銭の取り口に200円多く入っていたのです。

ほんとうは、駅員さんに届けるべきだったのですが、

「ラッキー、200円得した!」と思って、わたしはそのまま財布に入れてしまいました。

ごめんなさい。このブログが見つかりませんように。

ところがその後です。

マクドナルドで100円のコーヒーを買い、袋に入れてもらいました。

仕事先に着いて、コーヒーを飲もうと思ったら、こぼれておりました。

これで、マイナス100円。

そして、内容は忘れてしまったのですが、もう100円分も別の理由で損してしまいました。

神さまに見つかっていたんですねえ。わたしはそう思いました。

200円得したけど、200円損した。

因果の法則ってちゃんと存在しているようです。

わたしの場合は、やってしまった結果が、すぐに出てくるようです。

やった結果がすぐに出ないほうが多いのだとは思いますが、

きっちり因果の法則はあるように思います。

そして、最近ですが、コロナで世の中が騒ぎ始めた頃、世界の難民の方の、

コロナ対策のために、国連なんちゃらとかいう難民支援団体が、寄付を募集していました。

石鹸とか消毒液を買うための、支援金の寄付でした。

その難民支援団体のサイトを見ると、石鹸を10個送るのに、11000円必要だと、

掲載されていました。一個分1100円です。

難民キャンプまで送る送料がかかるのかな?ちょっと高いな。とは思いましたが、

食料のお金になるかも知れないし、とにかく11000円の振り込みをしておきました。

自分には結構大きい金額だったのだけど、なんだか嬉しくて、

その週の仕事はとても楽しく仕事をしていました。この仕事も誰かのためになるよね、と。

その10日後は、待望の給料日でした。

給料日の前から、わたしは自分の給料をいつも皮算用しているのですね。

ひとり暮らしの家計は、火の車ですもん。まあ、なんとかやっていますが。

そして給料日。金額を見てびっくり!

皮算用した金額より、22000円多かったのです。

ピッタリじゃないです。100円未満はきっちり合っていたわけではありません。

これは、マイナス11000円がプラス22000円になったのでした。

お金持ちに共通する、ある事実がある。これはほんとうに理にかなっている

これはネットで知った情報ですが、富裕層の人たちは、貧乏なときから、

自分の収入の10%を寄付しているということです。

これは、ほんとうに効果がありそうです。

因果応報の法則を利用しない手はありませんよね。

世の中に向かって良いことをするのは、あなたが幸せになるための有効な方法です。

因果応報を説いたのは仏陀ですが、ではキリストはなんて言っているかご存知ですか?

キリストは、汝の敵を愛せ、とか7の70倍許すように、とか復讐は人間でなく神がする、

と言っています。

これを見て、「とても無理!、因果応報で、イヤな人には天罰が下ってほしい!」

誰でもそう思いますよね!

キリストは、敵を愛した後どうなるか、敵を許した後どうなるか、敢えて言わなかった

のだと思うのです。

あなたが憎しみを手放したら、忘れたら、許したら、天罰が下るようになっている

らしいです。これは、らしい、としか言えません。結構時間がかかるほうが多いので。

これも因果応報なのではないかと思います。(ここはわたしの意見になります。)

先日のブログでも買いた内容を繰り返します。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」byパウロ

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

9

🔽この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください


人気ブログランキング