コンピュータ業界の闇

お金と時間

コンピュータ業界に存在する下請け開発会社

コンピュータ業界の闇

大手コンピュータメーカーで仕事をしても下請けの社員の基本給は20万円くらいの件について

派遣先のコンピュータメーカーはひとり当たり100万円払い、外注を雇っているけれど、

元請け、下請け、孫請け、ひ孫請けと、書類だけは存在する中間搾取会社があり、

所属している会社に入ってくる頃には、ひとり当たり55万円くらいになっています。

実際に働いているシステムエンジニアやプログラマーには、スズメの涙ほどの給料しか

払われない現実がありました。(今もそうです)

この構造は、他の業界にもあるようですが、とても大きな問題です。

コンピュータプログラム下請け会社で働いていました

コンピュータプログラム開発の下請け会社で働いていました。

社員ですけど、出向というかたちで、いろいろな現場に行って開発をします。

実質、派遣社員のようなもので、給料振り込みだけは、自分の会社がやってくれる。

そんな下請けソフト開発会社が日本にはたくさんあります。

ソフト開発は締め切りがあり、残業の嵐です。自由な時間は寝る時間しかない日々です。

プログラミングや設計はたいへんな作業です。

その裏で

何もしなくても書類をまわすだけでお金が入ってくる会社が存在していることになります。

市場に出回ってくるソフト開発案件は、この中間搾取が終わった段階の金額が提示されています。

下請け会社の営業は、お金を払ってこの開発案件を検索するだけです。

開発者が不足しているので、他の業界の営業のような苦労はありません。

ですから、下請け会社のエンジニアやプログラマーのみなさん

下請け会社で1年か2年たてば、自分の経歴に、開発経験がいくつも載せられるようになりますよね。

すると、社会が経験を認めてくれるようになりますので、メーカーや、他の業界などへの転職、

フリーランスとしてメーカー直接の業務受注、

英語ができるなら、アメリカ企業への就職も考えてみるといいかもしれません。

ただ、アメリカは治安が悪く、給料は高くても、安全な住まいを借りる家賃が高いのが難点です。

下請け会社に年功序列も、終身雇用もありません。

50歳を過ぎて仕事が来なくなったら、切られるだけです。

日本は資源が少なく、技術で勝負するしかありませんでした。

その影で、人がいい技術者が搾取され続けていたというわけですね。

大手なら、終身雇用があり、安定がありましたが、

そんなもん、下請け会社にはありません。

日本の技術が出ていくのは誰のせい?

親戚に、大手外資系コンピュータメーカーに技術系で勤めていた者がおりますが、

50歳くらいで、他の会社に出向になりました。

その後、会社を起こして、中国のメーカーと提携しました。

そうです、日本の技術が流出して行くわけです。

わたしはこれはしょうがないと思っています。

日本の技術者の冷遇は目に余るものがあります。

技術者でなくても、労働者が働かせられ過ぎていると思います。

自分の時間を大切にすることを考えてください

下請け会社もそうですが、会社はひとりの人生の時間の半分以上を奪うところです。

(1日は24時間ですが、起きている時間は18時間くらいで計算しています)

コンピュータ業界にいない人も、自分の貴重な時間が奪われていっていることを

少し考えてみてほしいです。

定年になってから自由になればいいですか?

その頃は65歳過ぎて、体の自由があまり効かなくなっているかもしれません。

美味しいものもあまり食べられなくなっているかもしれません。

橋本雅4つの自由

9

🔽この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください


人気ブログランキング