世界一美しい人

世界一の美女

こんにちは、北村光です。

最近、あなたは、どんな人を美しいと思いましたか?

その人は表参道とか銀座を歩いていましたか?

ミスコンテストに出ている人でしたか?

有名な女優さんでしょうか?

わたしが世界一美しいと思った人は、小さな駅の広場を歩いていました。

彼女は40歳くらいの女性で、障害のある子のかたわらに付き添っていました。

障害のある女の子は14歳くらいでしょうか?

悲しいことに、その子は視線が定まらなくて、上の方を見ておりました。

脳に障害があると思われる表情でした。

その子どもに付き添っている母親の顔からは限りない愛情がほとばしっておりました。

彼女はマザーテレサより神々しく、有名な画家が描いた、

どのマリアさまよりやさしい顔をしていました。

きっと重い十字架を背負っているであろうその女性のやさしさにあふれた顔が、

わたしは世界一美しいと思いました。

それは、着飾ったどんな美女も吹っ飛んでしまうような、けだかさがありました。

涙が出るほど美しかったです。

病気で苦しんでいる人を助けたい

我が子が、苦しみに遭うのを見ていなければならないことが、どんなに辛いかは、

子どもがいないわたしが想像するより、はるかに重いものだと思います。

最近観た動画で、こんなドキュメンタリーがありました。

アメリカ人のある男性のお話です。

自分の子どもに、てんかんの発作がひんぱんに起こり、1回の発作で1時間半もの間、

続いてしまうというのです。それが1日3回も起こるのです。

その他にも、痙攣が1日100回はあるということで、生まれた直後から、

痛みと苦しみの経験しか、その子にはありませんでした。

心臓にだって負担がかかります。

その人はその子どもの父親でした。

その人の夢は、息子が笑ってくれること、だったそうです。

そうです。息子は笑ってくれたことがなく、ただ苦しみに耐えるだけの人生を、

生まれた時から送ってきたのでした。

目の前に自分の子どもが苦しんでいるのに、自分は見ていることしかできない。

それがどんなに辛いことか、想像して泣けてきます。

それから、その父親は、CBDが効果がありそうだということで、

息子にそれを試してみるのです。

すると、どうでしょう、発作がほとんど無くなったというのです!

使っていた薬も、徐々に減らしていき、

なんと、夢だった、息子が笑ってくれること、が現実になったのです!

この世でいちばん美しいのは、親の愛だとつくづく感じました。

日本では

2019年からCBDを日本でも厚生労働省が許可しました。

てんかんの子どものための非営利プロジェクト:みどりのわはこちらです。

CBDオイルは、日本では健康食品扱いです。

効能については、記述できないことになっております。

また、効果が現れない人も、一定割合、存在します。

ただ、CBDによって救われている人がいますので、

できれば、たくさんの人にこのことを知っていただきたいです。

自分のことで恐縮ですが、CBDオイルを摂取して、精神的な不調から解放され、

睡眠も深くなり、体調も良くなりました。(個人の感想です)

生理の時には、死ぬんじゃないかと思うくらい出血していましたが、

それも治りました。(個人の感想です)

CBDオイルを紹介してくださった方がいなかったら、

今ごろは命がなかったのかもしれません。(個人の感想です)

(戦前は、日本で薬として使われていたようですが)

日本ではCBDの販売は、まだ始まったばかりです。

中には、肝心のCBDが入っていなかったとか、

別の成分が入っていたとか、ひどい話も聞いたりしますので、

できれば信用のあるメーカーのものを買う方がいいと思います。

先に記述した、一定割合、効果が現れない人がいらっしゃいますので、

もし利用するなら、少量からの方が良いですね。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。